読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶倫ファクトリー

生産性が高い

vip-vipper-vippest

ブログ論

詳しくは割愛しますが、議論となっているのは

・こうした2ちゃんねるのスレを転載しただけのまとめブログがアフェリエイトによって稼いでいる
・こうしたまとめブログから2ちゃんねるvip板に新参者が流入し、板のクオリティが下がってる

この2点。

 さてさて、二番目の問題については去年あたりから別のところで非常に似たような問題がありました。2ちゃんねるvip板を「秋葉原」、まとめブログを「マスメディア」に置き換えてみてください。昨年、TX開通の影響もあり、秋葉原が一般的なマスメディアに露出することが多くなった。そして今まで秋葉原に行った事ないような人々が好奇心で秋葉原に行くようになった。昔から秋葉原に居た人たちは、その状況をみて「俺らの秋葉原に土足で踏み込むようなことすんじゃねぇ」と嘆いたわけです。
 今回の騒動も、ブログを通して2ちゃんねるへの流入者が増え、主にデメリットを食らっているvip板の住人が、迷惑してるからやめろと声を上げている。特にvip板のローカルルールを守らない人が増えてきて、迷惑しているようです。
これについては、秋葉原の例と同じく、ネットという誰でもアクセス可能な領域に、入ってくるな等とは言えない。そもそもvip板の人間だって、初期の2ちゃんの住人からすれば異端なのですから。
 ただし、もしそこにローカルでもルールがあるのなら、それは守らなきゃならない。2ちゃんねるはその様式を見ると、宮台真司が言う「アメリカ型のプラットフォーム」に基づいている。つまりルール主義。一定のプラットフォーム(今回の場合ローカルルール)に基づけば誰が何やってもいい。逆にルールを守らない人間は、誰であろうと排除する。だからもしローカルルールを守らない人間が、明らかにブログ経由で急増しているということが証明できれば、彼らの言い分も正しいわけです。実際に証明するのは難しいでしょうが。

 で。最初のアフェリエイトの問題。何で僕がこの話題を取り上げようかと思ったのかというと。この前読んだウェブ進化論の内容がかなりキーになってるような気がしたのですよ。この本で著者の梅田さんは、ウェブ上のコンテンツの発達と、現存の著作権の対立が顕在化していくと書いてます。winnyなんかもそうでしょう。一方でアマゾン等のアフェリエイトや(正確に言うとアフェリエイトは違うんですが)グーグルアドセンスによる、ウェブ上の新たな経済圏の確立、それを媒介とした「富の再分配」が行われるとも書いています。今回の件はまさにこの「著作権」と「富の再分配」の摩擦が表面化した形でしょう。
ただここでvip板の住人に、つまりまとめブログがアフェリエイトで稼いでいることに文句がある人に向かって「それは富の再分配の結果なのだ。ウェブ進化論読め」とか言った所で通じるわけでもない。じゃ何が問題なのか?やっぱり現存の著作権の概念がネット上の環境にあっていないということでしょう。
 
 僕は著作権の専門家ではないので詳しいことは書けませんが、そもそも現存の著作権には、たとえば映像や音楽コンテンツなんかのコピーにしても、「個人が楽しむ範囲内」ではコピーが許されている。逆に言えば商業目的のコピーは禁止。ただこれだって、悪く言えばやっちまったもん勝ちなわけで、五千万人が一斉に違法コピーして売りさばき始めたら対処のしようがない。だけどまさかそんなことはしない。コピーして売りさばくには時間もお金も必要です。CDなりDVDなりのメディア、そしてコピーする対象、コピーのためのドライブ。商業ベースに本気で乗せようとしたらそれこそ莫大な初期投資が必要になる。つまりコピーに関して著作権は、「こっち側」の世界においてはある意味、コストと時間という壁により「やれるもんならやってみろ」という発想があったと思うのです。
 ところがネット上の「あっち側」の世界では、コピーはコストゼロ、時間もほとんどゼロ。先のまとめブログにしたって、もしネット上の話でなければ、まず不特定多数の人間が書いたものを拾い集めてまとめて、コピーして多くの人の目に触れるように何枚も印刷して・・・やってられるか!という話になる。ネット上だと著作権の持つ「やれるもんならやってみろ」的な精神が崩壊してしまう。
 
 2ちゃんねるのスレに著作権があるのかどうかはここでは議論からはずしますが、仮にあったとしたらそれはやっぱりこうした現状と著作権の噛み合わなさに拠るものなんじゃないか。ま、著作権がなかったとしても、大半の怒れるvipperにはまとめブログの中の人が所謂「フリーライダー」に見えてるようなので、騒ぎは止まりそうもありませんが。しかしこのまとめブログがフリーライダーなら、人の不幸や衝撃映像を寄せ集めて「報道」の名でパッケージングして流し、スポンサー料を稼ぐテレビ局もフリーライダーな気がしますけどね。まぁ映ってた人々に対価が払われたら払われたで、「ヤラセ」ってことになってバッシングされるんですが。