読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶倫ファクトリー

生産性が高い

射殺すべきではない。


愛知の立てこもり事件が解決したようだ。犯人が投降したのか何なのか知らないが、とにかく追加の犠牲者が出なくて良かった。

ところで、今回の立てこもり事件はSATが出動しておきながら解決に一日以上かかったわけで、ネット上を見回しても時間がかかりすぎているという批判が目立つ。
そしてそのような批判をしている方々は、大体「さっさと突入して射殺してしまえ。犯人の人権なんぞしったこっちゃない」という意見を同時に持っていることが多い。

確かに解決に時間はかかりすぎた気もするが、それは既にSAT隊員が一人射殺されており、犯人が銃撃を全くいとわない姿勢が見えていたからかもしれない。

それに何より、警察にとって「犯人の射殺」という結末は、犯人の逃亡と同じくらい敗北であると思う。警察の仕事は人を殺すことではなく、あくまで犯罪・事故の当事者を司法の場に引き渡すことだ。犯人は現場で射殺されるのではなく、きちんと司法の場で裁きを受け、事件の詳細を明らかにした上で、死刑台に上げねばならない。でなければ事件中に殺された隊員の方も、家族の方も納得しまい。その場で殺してしまっては、司法の場に引っ張り出すと言う警察の仕事を全うしたことにはならない。警察のみならず司法の敗北でもある。