読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶倫ファクトリー

生産性が高い

Google の無い世界 あるいは女の子のウェブの歴史

ウェブ論

これまで何度ウェブの歴史が語られたのか。それは知る由もない。そして、そのなかでどれだけ女の子たちのウェブ体験が体系化され、テキストとして残されてきたのか。それはそもそもそんなことがあったのだろうか。

ブログが流行し、SEOが市民権を得てからというもの、ウェブの歴史は常にGoogleを一つの転換点として語られてきた。Facebookですら、この巨人との比較を避けることはできない。

一方で、そうしたGoogle史観的な見方からこぼれおちるウェブの系譜も存在する。濱野智史『アーキテクチャの生態系』は、日本におけるGoogleの外にある2ちゃんねるニコニコ動画と言ったウェブサービスを体系づけた。

しかしそれでもなおウェブのタイムラインから抜ける視点がある。女の子のウェブ体験もその一つだ。「女の子ウェブ」の歴史は、ふみこみゅから始まりピグへと連なる。そこにはGoogleがなく、ガラケー(そしてauの黄金時代)がある。ブログの「デザイン」は「着せ替え」と呼ばれる。RSSリーダの代わりにクチコミがある。

それらは一つの流れに美しく整理できるものではない。テキストはおろか、Wikipediaにもその名を刻まぬことなく消えた彼女たちの住処はいくつもある。それでもいくつかの流れを辿り、系譜にすることはできる。そして同時に、彼女たちの記憶を記録に換えておく必要がある。




そんなわけで、『ねとぽよ 第2号』に女の子ウェブの系譜について書いています。

ねとぽよ第2号 サンプル | ねっとぽよくはへいわしゅぎをひょーぼーします

僕は女の子たちが使う(ってきた)ウェブサービスの系譜について分析しています。いっぽう彼女たちの体験をボトムアップ的に組み上げたコンテンツもあります。インターネットもぐもぐ が担当しています。

上のサンプルからちょっとだけその様子を知ることができます。ウェブ販売やってるので興味ある方は是非。