読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶倫ファクトリー

生産性が高い

haruを使ってみたよ

ミニブログ Haru.fmへようこそ!

Haruを使ってみましたよっと。 

感じとしては、ミニブログというよりmixi+メッセンジャーと言ったところかな。中身についての基本的な手順はこんな感じ。

1.「今なにしてる?」かを(別にそれに限らなくてもいいけど)を150文字以内で書く。
2.そうするとその日記は「ラウンジ」と「友達」登録した人の画面に表示される。
3.ラウンジは、つまり「新着日記表示場所」。全ユーザーを対象に、新しく書かれたメッセージが順にここに乗せられていく。
4.「友達」登録は、mixiのような相手の認証はいらない。気に入った人を勝手に友達に登録すれば、その人がメッセージを書くたび、自分のメイン画面にそのメッセージが表示される。
5.ちなみにメッセージは、「@(ユーザー名)」と書き出すことで、メッセージの相手をそのユーザーに限定できる。ラウンジにも表示されない。
6.どのメッセージにもコメントを付けられる。メッセージには写真も載せられる。
7.自分用のアイコンを設定できる。

こんな感じ。基本的に一日に何回も更新する感じなので、(文字数制限もきついし)長文を書くのではなく、本当に「夕飯食べました!メニューはカレー♪」とか、「バスが来ない!!」とかでも全然OK。まさに「今なにしてる?」を伝え合うことでゆるーくつながるコミュニケーションシステム。はっきり言ってソーシャルと呼べるほど組織的ではない。かなりアノミー

あとmixiと異なる点は、メッセージの文頭に"[]"で囲った文字を入れることで、それをタグにできる点。たとえば、「[夕飯] 今日はうどんでした」とか書くと、そのタグによって「夕飯」というタグを付けたほかの人のメッセージと同列に配置される。「夕飯」タグをクリックすると、同じように「夕飯」タグを使っているほかの人のメッセージを見ることができる。

mixiをこうした使い方してる人もいるんだろうけれど、僕はそうじゃないのでなかなか新鮮だった。以下よかった点、改善してほしい点を上げておく。

◇良い点◇

・タグが使える。特に(今はちょっと消えちゃってるが)「さて仕事に戻りますか」というタグの付いたメッセージはなかなか面白い。お疲れ様です!と言いたくなる。

・写真を投稿できる。Twitterは写真無理らしい。

Twitterと連動している。ただしこれはTwitterと連動させるのを毎メッセージごとに変更できるわけではない。


◇悪い点◇

・ベータ版なので若干バグっぽいものがある。

・タグの使い方が最初わかりにくい。

・ケータイからだと、載せた写真が見えない(投稿はできる)

・プロフィールページを、ユーザー名ではなくユーザー番号で表示させなければならない。